水で書ける はじめてのお習字に、間違えて本物の墨汁で書いちゃった!

スポンサードリンク

幼稚園の夏休みになんでもいいから
親子でなんか工作とか絵とかを一緒にやって
それを提出するように言われております。


私、絵も工作も大の苦手・・・

で、書店で自由研究とか工作のグッズがたくさん出てるので、それでいっかーと思ってたんですが、本人がなぜか『お習字がしたい!』と熱望したので、やらせてみることにしました。

(注意:私は字が汚いのですが、本人の関心はあるらしい。)

まずは練習に『水で書ける はじめてのお習字』を買ってみた

筆も墨も初めてのことなんで、
どんだけ汚されるんだろうと
それが恐怖。

で、書店で本人がやりたいと持ってきた
『水で書ける はじめてのお習字』を買ってみました。

お手本と大筆1本と水でかける用紙3枚入ってました。
お手本は有名な武田双雲先生。
『あいうえお』が1ページ1文字ずつ書いてあります。

筆の感覚も初めてだし、
大筆の持ち方そのものが難しいので、
(どうしても鉛筆握りになってしまう)
一緒に握って書いても、悪戦苦闘。
こりゃ水でやらせて正解って感じです。

大筆でもなかなかに苦戦するんで、
小筆で名前を書くのは
うちの子にはまだ無理かも。

なので、半紙にひらがな2文字書かせて、
色画用紙を買ってきてそれに貼り付けて
名前は色画用紙に鉛筆で書かせようと思ってます。

お婆ちゃんに任せたら、ホントの墨汁で書かせちゃった!!

筆になれるには時間がかかるなと思ったので、実家に帰ってる時に、一人で練習させたまま、お婆ちゃんに『なんかあったらよろしく』と声をかけ、下の子と外遊びに。

で、帰ってきたら・・・
おばあちゃん、
本物の墨汁を与えてたーーー!!

しかも、用紙がなぜか干してある。

墨汁で書いたものも
乾かせば消えると思ったのか???
おばあちゃーーーん!!

(子供が「乾かしたら消えるんだよ」と
言ったからだと思います)

『その用紙は特殊なので
水で書いたものは
乾かせば消えますが、
墨汁は無理です、消えません!』

と説明し・・・

買った当日にダメにされたショックで
どうにかならないかとあがいて・・・

水で洗ってみた
(°∀°)b

水洗いした

なんか薄くなった(笑)

とりあえず、紙なのでゴシゴシこすると
モロモロっと破れてしまいますが、
薄くはなります。
んで、なんとか練習することもできるレベルでした。
(貧乏性ですみませんm(_ _)m

でも、同じような失敗しちゃった人がいたら、
速攻で洗えば、気持ち薄くはなるよー!
伝えたくて。)

でも、あまりにボロボロなので、
追加で用紙だけ買おうと思います。
3枚じゃ足りないんで。、
(乾くの待てない)

筆を既に持ってる人は、
おかわり用紙だけで十分かも。