離乳食を食べない子対策

スポンサードリンク

上の子は、ちーーーっとも離乳食を食べない子でした。
ほんっと、イライラさせられて、
毎日の食事のたびにストレス抱えてました。

どうにか食べてくれないかと
いろんな方法を試しました。

結局、授乳がやめるまで食べてくれなかったので、
うちの子には有効ではなかったんですが、
ほかの子では『食べるようになった!』と聞くので、
私がやってきたことをまとめてみます。

  • 美味しそうに食べてるのを見せびらかす
  • お粥がイヤな子には、ちょっと固めにしてみる
  • 野菜がおいしいくなるレシピ本を参考にする

美味しそうに食べてるのを見せびらかす

よく、『親が食べてる姿を見てヨダレを垂らしたら、離乳食のはじめ時』と言われますが、
うちの子、結局最後までヨダレを垂らすことはなかったですね・・・
もともとヨダレをあんまり垂らさない子でしたけど、
あんまり私が食べてる姿を見ても興味を示さず。

親が食べてるのを見せても、
ちっとも反応してくれなかったので、
友達の子が食べてるのを見せました。

そしたら、(若干)反応!!
小さいおにぎりを手に握らせたら、
嫌がることはしませんでした。
(いつもなら嫌がって投げるのに)

結局、それをきちんと食べるところまでは
進めなかったけど、もし毎日こうやって子供同士で
食べる姿をみせあってたら、もっと食べたかもしれないー。

お粥がイヤな子には、ちょっと固めにしてみる

後からわかったことですが、
お粥がどうやら嫌いだったらしい。
ってか、柔らかいご飯が嫌いだったらしい。

普通のご飯の硬さになったら、
比較的食べてくれたので、
硬さの好みがあるんですね。

歯が生えるのが比較的早かったので、
月齢にするとお粥の倍率を変えるのはちと早いかもと思いつつ、
固めにしてました。

ただ、やわいのがイヤなのは、ご飯だけで、
バナナとかお麩とかは柔らかい方が食べてたんで、
『こだわり』だったのかもしれません。

とりあえず、おかゆ食べない子は、歯の生え具合を見ながら、
硬さをちょっと硬めにしてみてもいいと思います。

野菜がおいしいくなるレシピ本を参考にする

私が友達から紹介されて、もっとも簡単で手軽に作れたと思ったのが
こちらの本。

他の本は、正直、手間がかかりすぎて、
食べてくれなかったときのショックが大きすぎて・・・・
(何度も泣いた人)

離乳食のレシピブックはたくさんありますけど、
なんだかんだ、手軽じゃないっす。
手間がかかる!
おしゃれすぎて、作る気がしないというか。
『へー、すごいね』『美味しそう!』とは思うもの、
めんどくさすぎて、毎日作るのはムリというか。

それが、こちらの本のレシピは、
『にんじんをひたすら炒めるだけ!』
という簡単レシピなので、
すんごい手軽なんです。
これなら、毎日作っても苦にならないわ!
と思った数少ない本です。

離乳食の当時は、これでも食べてくれなくて・・・
(でも友達の子は食べてくれるようになったらしいので、
効果のある子は絶対いると思います!)

ですが!!
あの時は、正直、『っち、失敗したー!』と思いましたが、
今になって役に立ってます!!

あんなに野菜を食べなかった子が、
今や、『ピーマン食べるー。』
『今日ピーマン?いぇーい♪』って
言ってますので。

なので、今、離乳食食べない、野菜食べないー、でも大丈夫!
いつかきっと、大きくなったら食べるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA