乳製品アレルギーだった上の子ー3歳で自然に治った!

スポンサードリンク

離乳食の話が続いたので、ついでにアレルギーの話を。

かなり軽度だとは思いますが、
上の子には乳製品アレルギーがありました。

・離乳食を始めてからわかった、上の子の乳製品アレルギー
・ヨーグルトが使えないので、お麩や豆腐をあげてました
・2歳を超えても治ってなくても、3歳で治ることもある!

離乳食を始めてからわかった、上の子の乳製品アレルギー

症状としては、食べた直後に口の周りに
じんましんが出て、30分くらい
そのままほっておくと、自然に引く感じです。
なので、軽いほうだと思います。
ですが、粉ミルクにも反応するので、
ちと厄介です。

完全母乳を推奨する産婦人科で出産し、
運良く母乳がでてくれたため、
離乳食のパン粥を食べたときが、
生まれて初めて粉ミルクを口にしたときでした。

それまで、ミルクに反応するなんて
思ってもおらず、アレルギーがあることに
気がつきませんでした。

振り返って思えば、
これで母乳がでなかったらと思うと、
非常に母乳がありがたかったですが・・・
(アレルギー対応の粉ミルクも売ってますよ!
ですが、特売品にはならないし、
お友達から余ったからと簡単に
譲りうけることもできません。)

私も主人も花粉症はあるんですけど、
親兄弟を含めて、
食べ物のアレルギーの人はいなかったんで、
『親がアレルギーじゃなくても、
そんなことあるのー??』と
驚きました。

下の子もアレルギーがあるんじゃないかと
覚悟してたんですけど、アレルギーなし!
同じ遺伝子から生まれたハズなんですが、
そんなこともある模様です。
(逆のこともあるみたいです。
上の子はなくて、下の子だけあるとか)

ヨーグルトが使えないので、お麩や豆腐をあげてました

乳製品全般がダメだったので、
便利な離乳食代表のヨーグルトが
使えなかったです。

味としては好きだったみたいで、
離乳食を食べない中では
比較的食べてくれる、
かなり貴重な食材でした。
さらに、私としては
手がかからない食材だったので
ショックでした。
(だってそのまま出せるもん!)

で、代わりに食べさせてたものは
・お麩
・豆腐

ともに、味噌汁に入れて、
そのままちょっと潰せばOK。
タンパク質だし、かなりお手軽。
朝ごはんは、こればっかでした(笑)

お麩は、まとめ買いしても保存OKなんで、
いいですよー✩

2歳を超えても治ってなくても、3歳で治ることもある!

症状が軽度だったので、
小児科の先生に相談したら
『大きくなれば自然に治ると思いますよ。
これくらいだったら、1歳~2歳で治る子が
多いです。』と言われてました。

1歳を超えても治らん。
2歳を超えても治らん。
これって、うちの子は
例外で治らないのかーーー???

(小児科の先生は、
『これくらいだったら、あげてもいい』
といってたんで、食べたそうにしてる時、
ちょこちょこあげて様子を見てました。)

治らんままなのかと思ってたら、
幼稚園の年少になる春に、
私のヨーグルトを一口食べさせて、
様子を見たら、痒がってない!!
治ってるーー!!!

3歳を超えたら治ってました。

というわけで、
小児科の先生のいうことは
大体あってるけど、
目安はあくまで目安でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA