成形おむつと輪っかのおむつの使い方

スポンサードリンク

お片づけしていたら、布おむつが大量にでてきました。
今は、上の子はおむつ不要だし、
下の子はもう歩き回るので、
布おむつリタイヤしてるんです。

片付けなきゃ・・・
(まだやってませんが(汗))

せっかくでてきたので、写真とっておきました。
で、成形おむつもでてきたので、
輪っかのサラシのおむつとの違いも紹介しておきます。

輪っかのおむつと成形おむつの違い

布おむつといえば、
昔ながらのサラシを輪っかにしたもののほうが
イメージわきますよね~。
(きちんとたたんでないので、ヨレヨレ画像ですみませんm(_ _)m)
輪っかおむつ1

今は、こういう成形おむつがあるんです。
幾重にも重なっていて、サラシより吸収がいいです。
成形おむつ1

ただし・・・分厚いので、その分、乾きません。
それ以外は何の問題もないのですが。
それだけがネック。
↓これくらい分厚い
成形おむつ2

真夏とか真冬の暖房のそばなら、
普通に乾かしても問題なく乾きます。
ですが、季節の変わり目はそうもいかず・・・

なかなか乾かないので、私はこうやっておりました。
↓真ん中に風を通す作戦。
成形おむつ乾かし方

ただ、これすると、
乾いた時にこのままの状態なんで、
注意が必要です(苦笑)

輪っかのおむつ&成形おむつのあて方

私は、輪っかのおむつ&成形おむつの両方を使ってました。

まずは輪っかのおむつを普通に4つにおります。

↓二つに折って
輪っかおむつ3

↓またさらに折って、これで4つ折りです。
輪っかおむつ2

↓その上に整形おむつを置いて
あてかた

↓その上に紙のライナーを置いて。
ライナー置く

↓二つ折にセット。
準備の形

これを洗濯物をたたんだ時に、
一緒に1日8~10セット作ってました。

おむつ交換するとき、
寝返りがすごいので、
できるだけ手順を減らしたくて、
すぐ交換できるよう、こうやってセットするようになりました。

モレ対策にいろんな折り方、
土手を作る折り方とか
いろいろあるみたいですが、
私は単純にこの4つ折りスタイルで十分でした。
(というか、この単純なスタイルでしか続けられなかった(苦笑))

成形おむつは5枚だけだったんで(高いし)、
足りない時は、輪っかのおむつを2枚重ね。
モコモコになりますけどね~。

そのお尻モコってなってるのが、
また可愛いんです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA