おむつカバーのお洗濯

スポンサードリンク

只今大掃除中です。
先日の布おむつが大量に出てきた時、
おむつカバーも出てきました。

あー、これ・・・
おむつそのものより、
実は洗濯に手こずったという思い出アリ。

おむつカバーの汚れやすいところはココだ!

布おむつのおむつそのものは、
ライナーを使ってると
そうそうゴシゴシがんばらないでも
まっさらになります。

でも・・・
なんどか失敗。

そう、横モレです。

↓ここについたウンチが、なかなか取れなかった!!
汚れやすいギャザー部分

ゆるゆるウンチ時代は結構失敗してました。
離乳食が始まってからは固まってくれるから
楽なんですけどね~。

この部分についたときは、ゴム手袋つけて
ハイター片手にゴシゴシがんばっておりました。

おむつカバーは漬け置きしすぎに注意

サラシも成形おむつも、ガンガンつけおきしてましたが、
おむつカバーだけは、つけおきしないようにしてました。

なぜって・・・
すぐ撥水加工がダメになるから。

撥水加工がダメになると、
膝の上にだっこしたら
ジワーと濡れてくる感じがします。

横からも背中からも漏れてるわけじゃないのに
なんかおかしいなーと思ったら
撥水加工を疑ってください。

はい、私、何枚か無駄にしましたー(涙)

おむつカバーを洗濯機に入れるときはネットにいれよう!

私、結構手抜きな家事をしておりますので、
手洗いした後のおむつカバーと
ほかの服を一緒に洗ったりしてます。
一応、手で洗ってるし!!
(さすがにウンチついてたときは別ですよ)

そうすると、このマジックテープがやっかいです。
ほかの服にべったりくっつきますので。
みなさまもご注意を。

↓マジックテープはべったりつきます。
ほかの生地を痛める原因

なので、おむつカバーはマジックテープをくっつけた上で
洗濯ネットにいれて洗うようにしてました。
何度か、ほかの服にくっついて、生地を痛めてしまいました(涙)

もし私が今買うなら、
(当時の私は知らなかったけど)
ワンサイズのおむつカバーがいいですよ!

ワンサイズのオムツカバーは、
新生児からオムツ卒業まで使えるという
優れものです。

おむつカバーのサイズアップ、
かなり早いんですもん!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA