『くっついた・なーらんだ・わたしの』1歳児にオススメな絵本

絵本
スポンサードリンク

今日も絵本のお話です。
今日の絵本は、0歳児でも十分楽しいけど、
1歳の下の子が今リアルタイムでハマっている絵本。

『くっついた・なーらんだ・わたしの』は読みやすくかわいい!

上の子が0~1歳の時、
図書館で『なーらんだ』の絵本を借りてみたら
むちゃくちゃ喜んだので、
その後自腹で購入しました。
(私は基本的に、図書館で借りて、反応を見て、
 よかった本だけ買うというスタイルなんで)

本屋さんに行ったら、
『くっついた』と『わたしの』という
シリーズがあることがわかったので、
1冊ずつ揃えて全部で3冊持っています。
くっついた・なーらんだ・わたしの

こぐま社 三浦 太郎さんの『くっついた』

こぐま社 三浦 太郎さんの『なーらんだ』

こぐま社 三浦 太郎さんの『わたしの』

子供がよろこぶ絵本の読み方:ちょっとしたアクション付きで読み聞かせ

この絵本は、そのまま普通に読んでも
かわいくて喜ぶんですけども、
私はちょっとアクションを入れてます。

そうすると、
めっさ子供が食いついて
私の真似をしてくれます。

たとえば、
『くっついた』の絵本の最後に
お父さんとお母さんと子供がくっついたシーンでは、
絵本の真似をして、
子供と自分のほっぺたをくっつけて、
『くっついた!!』と言ったり。

『なーらんだ』の絵本では、
『ニコニコえがおも、なーらんだ』のページで
自分のほっぺに自分の人差し指を
ツンツンとやってニコニコして、
子供にも真似させて、『笑顔がなーらんだ!』と言ったり、
散らばってるえほんを並べて、
『絵本もなーらんだ!』と言ったり。

絵本のページに載ってることを
そのまま真似してるだけなんですけども、
ただ文を読むだけよりも、
確実に反応はいいです。

というか・・・
今はそうするのが当たり前になってしまい、
普通に読んだだけでは満足してくれず、
毎回させられます。
(しないと、ちがう!と言わんばかりの
 『イヤー!(顔をブンブンふる)』攻撃。)

そして・・・
ハマりすぎると・・・

何度も同じことを
繰り返させられる、
無限ループに突入します。

寝かしつけのはずが
逆に興奮するので、
やりすぎ注意デス・・・

(という理由から、我が家では
寝室に絵本の持ち込み禁止にせざるを得ず。
リビングで全部読んでから、寝室では即真っ暗コースにしてます。
寝る前の寝かしつけというより、寝る前の一遊びって感じです。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA