がたんごとんといないいないばぁー妊婦時代に買ってた絵本

スポンサードリンク

前回に引き続き、0歳児におすすめの絵本シリーズです。

今回紹介する絵本は、
実は、上の子の妊娠時代に
買っていたという~。

まだ無事に産んでもないというのに、
なんて気が早い私(苦笑)

ツワリで気持ち悪くて
大好きなご飯が食べられなくて
毎日つらかった時に、
主人と気晴らしに出かけた本屋で
『気が早い?』なんて言いながら
買ったという、思い出の絵本。

あー・・・
あの時はよかった・・・
(若干、子育ての現実に疲れております(涙))

王道のいないいないばぁシリーズとがたんごとんは、鉄板です

いないいないばぁシリーズ

この表紙、みたことないですか?
絵本コーナーで、絶対ありますよね?
王道中の王道、鉄板の絵本です。

松谷みよ子さんの『いないいないばあ』
シリーズで6冊あるみたいですが、
私は3冊セットで買いました。

レジでこの3冊セットを購入して
大満足だったんですが、
レジからの帰り道、こちらのがたんごとんが
平置きしてあって、衝動的にこれも購入。

絵がかわいい上に、
でんしゃは、子供にウケること間違いなし♪

妊婦時代の読み聞かせって、ホントに効果あるの?

上の子の妊娠中は、たっぷりひとりの時間があったので
この上の4冊は、読み聞かせてました。
(フライングしすぎ?(苦笑))

結果は、うーん・・・
わかりません。

初めて胎動を感じたのは、甘いもの食べたときだし(白い恋人食べたとき、ガンガン動いて、笑いました)初めて絵本に食いついたのは、別の絵本でしたし。

ちなみに、初めて食いついた絵本はこちら
絵本好きになれたきっかけの絵本ーばいばい、じゃあじゃあびりびり

ただ、楽しかったです。
・・・私が!
(って、おい!)

ですが、それって大事なんじゃないかなと思います。

産前も産後も、私のイライラも不安な気持ちも
ぜーんぶ子供にはお見通しのような気がしていて、
逆を言えば、私が笑ってるときは、
子供もすんごいうれしそうだし。

(私が八つ当たりして怒ってるときの
上の子のクールなお見通しの眼差しは、
ほんとに身にしみいります。)

妊婦時代の読み聞かせをしたおかげかどうかは
わかりませんが、『もうねんね』の絵本を読むときの
『ねんね~』の声は、
上の子も下の子も、めっちゃかわいいです。
(結局の親バカか(苦笑))

絵本の絵には、細かいとこまでちゃんと意味があるらしい

友達から聞いた話で恐縮ですが、こういう王道の絵本には、1ページ1ページ意味がちゃんとあるそうです。

例えば、『いないいないばぁ』の絵。

最初にねこさんがページで
いないいないをして、
ページをめくると、
ページでばあをする。
その時の尻尾も左右逆になってます。

こういう細かいとこまで、
しっかり考えてられてるそうです。
(言われるまで、
私、全然気がつきませんでした。)

子供はそこまで気がついてるのかしら?
うーん、うちの子は気がついてないかもー。
でも、『いないいないばあ』を
真似してするしぐさが可愛いので、ま、いっかー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA