絵本好きになれたきっかけの絵本ーばいばい、じゃあじゃあびりびり

スポンサードリンク

なんとーー!!人気ブロガーのyoneshioさんから
わたしのへっぽこブログが紹介されております!!!

足元にも及ばぬダメブロガーですが、コツコツがんばります。ありがとう、yoneshioさーん!!

↓この記事でご紹介いただいておりますm(_ _)m
節約主婦のビューティ Life♪

今日は0歳児をお持ちのyoneshioにお礼の気持ちを込めて、
うちの子が絵本好きになれたきっかけの絵本を
ご紹介します。

0歳児には、布絵本もいいけど、普通の絵本もアリです!

最初は布絵本なのかしらーと
フェルトの手作り絵本なんかも
用意しましたが、
上の子も下の子も、
この絵本にハマりました。

↓ばいばいとじゃあじゃあびりびり、王道の絵本です。
ばいばいとじゃあじゃあびりびり

はい、好きすぎて、もうボロボロです。
上のほうは、美味しく食べられております(苦笑)

ほとんど絵だけで文字はほとんどなく、
音を楽しむ!
絵を楽しむ!
って感じです。

ページをめくるのが早い子だと、
数秒で終わってしまう内容です。
ですが、だからこそ、何度でも読める。
ってか、もう何度も読んでくれとせがまれ、
まる暗記レベルです。

まついのりこさんのあかちゃんの絵本。じゃあじゃあびりびり。

まついのりこさんのあかちゃんの絵本。ばいばい。

0歳児には、シンプルなわかりやすい絵がオススメ

ストーリがあるわけじゃないし、
絵もシンプルです。

こんな単純なの、どこが面白いんだろ?と
お下がりでもらった時は正直思いました。

『うらしまたろう』や『桃太郎』みたいな
展開性を期待するのは0歳児には絶対無理です。

ですが、大人の私には、
そういうストーリーがないとつまらんと
最初、上の子が生まれるまでは思ってたんです。

ですがね、0歳児には
そのシンプルさ
単純明快なリズム

がいいみたいです。

毎回リズムをつけて読んであげると、食いついてます。

今はもう大きくなって、
歩いて自分で選んでもってきますが、
いまだにこの2冊は読んであげてるので
もう十分もとは取れたって感じです。

『ばいばい』の絵本を読みながら、
『こんにちは』の部分で、
ペコっとお辞儀して、
『ばいばい』の部分で、
バイバイと手を振る仕草は
ほんと、めっちゃかわいいです!
(↑仕込みました(笑))

ママが楽しいのが一番!

絵本よまなきゃー!と
無理やり読んでると、
ママのほうが辛くなります。
こっちが楽しんでると、
子供もつられて楽しんでくれます。

なので、自分が楽しいと思うように
好きな絵本を選んでいいみたいです。
(と、某NHKの育児番組でも言ってました)

他にもいっぱいオススメの絵本はありますが、
最初に『これは楽しい!
上の子の反応がかわいくてたまらん!!』

思えた2冊の絵本の紹介でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA